■市民セミナー『落語で楽しく学ぶ"終活"講座』(東京弁護士会)-弁護士伊藤

【落語×弁護士×終活】
東京弁護士会で,こんな企画をしてみました。
https://www.toben.or.jp/know/iinkai/houritsuservice/news/post_12.html
≪日時≫ 2018年3月12日(月)14時00分~(開演)
≪場所≫ 世田谷区立きたざわ苑
http://shoukichi.org/kitazawa/access.html
≪内容≫ 
❶第1部 終活落語「猫とおばあちゃん」(落語家 桂ひな太郎)
❷第2部 高齢者のための法律講座(弁護士 坂井崇徳)
❸無料法律相談会

【終活って・・・】
「終活」という言葉が新語・流行語大賞にノミネートされたのが2010年。
今では,すっかり定着した感があります。

ただ,実際のところ,「終活」というのは,とても広がりを持っていて,いざ取り組もうとすると,なかなか大変なものです。
残される家族に負担をかけないために,自分の財産を整理しておく。
残される家族のために,遺言書を書いておく。
残された時間,自分の財産を守っていく。
家の問題,家族の問題,介護の問題,ペットの問題,葬儀の問題,お墓の問題・・・などなど。
相談したくても,なかなか相談できずに,1人で抱え込んでしまうことも多いと思います。

【笑う,学ぶ,相談する】
この企画では,まず,桂ひな太郎師匠のオリジナル「終活落語」で,笑っていただきます。
その後,弁護士が桂ひな太郎師匠との掛け合いの中で,「終活」に関する法律の豆知識をわかりやすくお伝えします。
そして,ご相談のある方のために,東京弁護士会所属の弁護士による無料相談会も行います。

いずれも無料でご参加いただけます。
ご来場いただいた方には,Q&A方式の冊子を配布いたします(無料)。
落語と法律講座のご参加は予約不要ですが,無料法律相談をご希望の方は,相談枠に限りがあるため,事前にご予約ください(東京弁護士会 業務課 03-3581-3332)。


(伊藤 敬史)

2018年03月06日