■スイミング-弁護士井上

 

 私の趣味は水泳です。

 水泳を始めたのは小学校4年生のときで、近所のスイミングスクールに通ったのがきっかけでした。当時は練習が嫌で嫌で、いつも行く直前になると「お腹が痛い」とか「心臓が痛い」とか言っていたそうです。結局、一通り泳げるようになったところで止めてしまいました。

 ところが、中学に入って、何を思ったのか水泳部に入り、高校でも水泳部に入りました。種目は自由形と、高校ではバタフライもやりました。公立校だったので練習はそれほど厳しくなく、仲間にも恵まれ、和気あいあいとやっていました。

 プールはもちろん屋外です。毎年ゴールデンウィーク明けころにプール開きをして、10月第1週くらいまで、約5か月間泳いでいました。でも5月と10月は屋外プールで泳ぐには寒いですし、梅雨の時期もかなり冷えます。だから楽しく練習できるのは7月中旬から9月中旬くらいの約2ヶ月間でした。今でも毎年ゴールデンウィークごろになると「そろそろプール開きだなぁ」とか、10月ころになると「この時期が一番寒いんだよなぁ」とか思っています

 当時はまだ横浜国際プールがなかったので、試合も当然屋外プールで、野毛山プールや善行(藤沢)のプールによく行きました。このコラムを書くにあたりインターネットで調べたところ、野毛山プールは2004年に営業を中止し、2009年に解体されたそうです。とてもいいプールだったし、思い出の場所なので、もう無いのは寂しい限りです。

 高校卒業後、しばらく水泳とは無縁の生活を送っていましたが、修習生になってふと思い立って再び泳ぎ始めました。今はスポーツクラブで週に1回~2回泳いでいます。マスターズにも競技者登録し、年に数回はマスターズの大会にも出ています。

 これまで短距離しかやったことがなかったので、今後は長距離もやってみたいと思っています。具体的には1500メートル自由形で大会に出場することと、OWS(オープン・ウォーター・スイミング)です。ただ、練習で1500メートルをやっただけでも物凄く単調で退屈なので、3キロや5キロとなると退屈さにも耐えられるかが心配ですが。

以上

(井上 圭)

2017年05月17日